【個人情報保護方針】

一般財団法人市民救助員ネットワーク(以下「財団」)は、財団の教育システムによる市民救助員養成教育を受講する受講生の信頼を第一と考え、受講生個人に関わる情報を正確にかつ機密に取り扱うことは、財団にとって重要な責務であると考えております。そのために、受講生等財団に関係する個人情報に関する「個人情報保護方針」を定め、財団役員、従業員及び協力団体、協賛企業への徹底を実践し、一体となってこれを遵守し、もって個人情報の保護及び個人の権利利益の保護に万全をつくしてまいります。

その内容は以下の通りです。

  1. 個人情報を取得するに当たっては、その利用目的をできる限り特定し、その目的の達成に必要な限度において個人情報を取得いたします。
  2. 個人情報を、本人から直接、書面によって取得する場合には、弊社名、個人情報保護管理者名及び連絡先、利用目的等をお知らせした上で、必要な範囲で個人情報を取得いたします。
  3. 個人情報の利用は、本人が同意を与えた利用目的の範囲内で行います。また、目的外利用を行わないため、必要な対策を講じる手順を確立し、実施いたします。
  4. 保有する個人情報を適切な方法で管理し、本人の同意なしに第三者に開示・提供いたしません。
  5. 保有する個人情報を利用目的に応じた必要な範囲内において、正確、かつ、最新の状態で管理し、個人情報の漏えい、滅失又は毀損などのおそれに対して、合理的な安全対策を講じ、予防並びに是正に努めます。
  6. 個人情報の処理を外部へ委託する場合は、漏えいや第三者への提供を行わない等を契約により義務づけ、委託先に対する適切な管理を実施いたします。
  7. 財団が保有する個人情報に関して、本人より自己の情報の開示を求められた場合には、財団の問合せ窓口にご連絡いただくことにより、速やかに対応いたします。また、開示の結果、誤った情報があり、訂正や削除を求められる場合には、速やかにこれに応じます。
  8. 保有する個人情報について、本人より自己の情報について利用又は第三者への提供を拒まれる場合には、財団の問合せ窓口にご連絡いただくことにより、これに対応いたします。
  9. 保有する個人情報についての苦情・相談は、財団の問合せ窓口に連絡いただくことにより、これに対応いたします。
  10. 財団が保有する個人情報に関して適用される個人情報保護関連法令及び規範を遵守いたします。
  11. 財団は個人情報への不正なアクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩等から保護し、正確性及び安全性を確保するために、管理体制を整備し、適切な安全対策を実施します。
  12. 個人情報保護マネジメントシステムを定め、これを定期的に見直し、継続的に改善いたします。
制定:平成22年 8月10日
一般財団法人市民救助員ネットワーク
理事長 島崎修次

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先
担当:個人情報保護管理者
〒105-0014
東京都港区芝3-32-13 グラスビル2F
一般財団法人市民救助員ネットワーク info@cls.or.jp